相続登記とは

死亡した人が土地や建物などの不動産を持っていた場合、その人の相続人はそれらを相続することになります。
この場合、その土地や建物の名義を、死亡した人(被相続人)から相続人に変更することになります。これを「相続登記」または「相続を原因とする所有権移転登記」といいます。いわゆる「名義変更」です。
ただし、相続登記は法的義務ではありません。相続が開始した後、何年放置していても法律的には問題ないのです。
しかし、相続登記はなるべく早く済ましておくのに越したことはありません。なぜなら、時間の経過と共に法律関係が複雑になるからです。つまり、相続人が複数いる場合、その中のひとりでも死亡すると、その相続人が大本の相続の利害関係人になってくるからです。
相続登記をするに際しては、通常事前に相続人の間で遺産分割協議をすることになります。遺産分割協議が成立する前の段階では、相続の対象となっている財産は、各相続人の相続分の割合により共有されている状態となっています。協議が成立し、相続人のうちのひとりだけがその所有権を相続することになった場合には、被相続人から直接そのひと(遺産分割協議の結果、ひとりで相続すると決まったひと)に所有権移転登記をすることになります。

Filed under: 未分類 — るり 3:52 PM