相続登記の手続き

相続登記をするにあたっては、複雑な内容をもつものが多いため、司法書士や土地家屋調査士などの専門家に手続きを委任するというのが一般的ですが、ある程度の知識があれば、相続人自身が直接法務局に申請することも可能です。
相続人全員で遺産分割をした後で相続登記をする場合ですが、登記申請書そのもののほかにも、添付書類をいくつか揃えなければなりません。
例えば、相続が発生したことを証明するため、被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本や除籍謄本が必要となります。相続人を特定するために、相続人の分も必要となってきます。
また、相続人全員が実印を押捺した遺産分割協議書とともに、申請人以外の他の相続人の印鑑登録証明書、相続人全員の住民票の写し、代理人に対する委任状といった書類も求められます。
相続登記にあたっては、相続する土地や建物の固定資産税評価額に一定の税率を乗じた登録免許税にあたる金額の収入印紙を、台紙に貼って消印をせずに提出する必要があります。このため、市町村役場で発行する固定資産税評価証明書も添付して、税額を明らかにしておく必要があります。
以上のような書類が添付されて、はじめて相続登記の申請が法務局で受理され、通常は1週間程度を経て、所有権の変更が完了します。申請人には登記識別情報というパスワードのようなものが通知されます。

Filed under: 未分類 — るり 3:59 PM