相続登記をしないと発生する問題

相続登記とは、亡くなった方が所有していた不動産の名義を変更することです。相続登記をしていない不動産は、売却やそれを担保にお金を借り入れることができないほか、様々な問題が発生します。例えば、遺言書によりあなたが賃貸マンションを全部相続することになったとします。もし相続登記を怠っていたとしたら、他の相続人がその一部を相続してしまうかもしれません。なぜなら、相続登記は先にしたほうが受理されるからです。他の相続人も、遺言書によらない法律に則った相続分である、法定相続分を持っています。その一人が、不動産を法定相続分のとおりに配分するという相続登記を申請すれば、遺言書の文言は無効になるのです。他の相続人の承認を得て抹消することもできますが、家族の中で意見の食い違いがあれば難しいでしょう。この不動産を第三者に売り渡されてしまった場合は、さらに不利益を被ります。本来は自分のものになるはずであった不動産が、他人の所有物となるうえ、仮にその人が不動産を担保として借金をしても所有権を主張できなくなります。このようなトラブルを招かないためにも、相続登記は早く済ませるのが重要です。不明な点があれば、司法書士などに相談しましょう。

Filed under: 未分類 — るり 4:00 PM