預金名義変更手続きに必要なものとは

人が亡くなれば、その人の財産に関する相続が発生します。そのうち、最も経験する可能性の高い手続きは、銀行預金に関する相続ではないでしょうか。というのも、日本では、自分のお金を銀行に預けている人が多いからです。
さて、銀行預金の相続の場合、故人、つまり、被相続人名義の銀行預金を名義書換することになります。そして、被相続人名義の銀行預金は解約され、その残高が法定相続人の保有口座へ振り込まれることになります。
また、名義書換の手続きには、いくつか書類を準備しなければなりません。この点は、他の相続財産の場合と同様です。まず、預金名義書換依頼書の提出が必要です。この書類は、銀行に備え付けてありますが、相続人全員の署名と実印の押印が必要なので、現実問題、手続きに出向いてそのまま記入と言う訳にはいかないでしょう。
そのほか、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人全員の謄本、相続人全員の印鑑証明書、被相続人の預金通帳およびキャッシュカード、また、銀行によっては、遺産分割協議書の提出を求められる場合もあります。
なお、銀行預金の相続では、謄本や印鑑証明書のチェックが入念に行われることから、手続きの完了には、多少、時間がかかる点には留意が必要です。

Filed under: 未分類 — るり 4:01 PM